トップ | 花のアルバム | 花言葉 | 誕生花 | 花の贈り方と注意点 | 花の管理方法 | 求人情報 | お役たちリンク集 | 花の図書館長の紹介
花屋 花次郎
誕生日ギフト
お祝いギフト


切花の水揚げ方法



花の管理方法

トップ 花の管理方法 切花の水揚げ方法

水切り方法



水切りとは・・・
お花を包装紙や新聞紙などで巻きます。
次にきれいな水の中で切れ味の良いハサミで斜めにカットし、
そのまま水の中に30分〜1時間つけたままにしておく方法です。
水切り

なぜ包装紙などに巻くのか
包装紙などに巻くとまっすぐに水を吸い上げるためです。
また葉っぱからの余分な蒸発を押さえるためです。
(お持ち帰りの後、包装紙に巻いたまま、水切りをすることをおすすめいたします。)
包装紙

なぜ斜めに切るのか
水を吸い上げる面積が広くなるためです。
また水平に切ってしまうと茎の細胞が押しつぶされる
恐れがあるためです。
斜めカット

なぜ水の中で切るのか
持ち帰るまで茎の先っぽが乾いてしまうからです。
水の中で切ることにより、細胞の中に空気が全く入らないので、
よく水を吸い上げます。
注意点1
細胞に空気が入ってしまうと、花首で折れる原因になります。
店頭に並んでいるお花は全て適切な水揚げを行っていますので、
お持ち帰りに3時間ほどかかる場合でも水切りをしていただければ大丈夫です。
空気

注意点2
切れにくいハサミを使っていると、茎の細胞を壊すことになり、
適切な水揚げが出来ず花持ちに悪い影響を与えます。
お花を1日でも長く楽しむために、良く切れる切花専用の
剪定ハサミをおすすめします。(店頭にもございます。)
はさみ








トップ 花の管理方法 切花の水揚げ方法