トップ | 花のアルバム | 花言葉 | 誕生花 | 花の贈り方と注意点 | 花の管理方法 | 求人情報 | お役たちリンク集 | 花の図書館長の紹介
花屋 花次郎
誕生日ギフト
お祝いギフト


お見舞いの注意点

  • お見舞いのお花を贈るときの注意点


花の贈り方と注意点

トップ 花の贈り方と注意点 お見舞いの注意点

お見舞いのお花を贈るときの注意点



お見舞いとして花を贈る時は、手術前後を避け、病状が落ち着いたころに届けましょう。 「根付く」という理由で、お見舞いには鉢物は避けたほうが良いといわれています。
病院へのお見舞いには、あまり大きすぎる花を贈ると、置く場所に困ることがあります。
花束だと、花瓶が必要となりますのでアレンジメントをお勧めします。

花の数は、4、9、13など不吉とされている数はさけましょう。赤は血の色を連想させるので、お見舞いには避けたほうが無難です。

特に大きな病院の場合は、「○◯棟○◯外科の0階000号室」と、病院室までお伝え頂きます事をおすすめ致します。病院内でのお届けがスムーズになり、確実に届きます。
<避けたほうが良い花>
●香りが強い花(カサブランカ、鉄砲ユリ)、粉が飛ぶ花(マトリカリア、グロリオサなど)は避けましょう。
●椿など花首が落ちる花は不吉な印象を与えます。
●シクラメン(4と9のイメージで、不吉とされています。しかも鉢物です)。
●鉢物は「根付く」と「寝つく」の語呂合わせで、病気が長引くことを連想させます。
order







トップ 花の贈り方と注意点 お見舞いの注意点